Amazonほしいものリストで海外からネット乞食をしてみる。

こんにちは。外こもりです。最近は、本当に仕事がなくて困っています。そこで、ためしに「Amazonほしいものリスト」を作って、それをツイッターやFacebook、ブログなどに載せてみます。もしかしたら誰かやさしい方がプレゼントしてくれないとも限りません。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201911220

ググると海外発送対象商品についてはAmazonGlobalをご覧下さいと出てきました。

小売業をなさってる方へ。

どうやらこの「Amazon Global」なるもので商品検索をすれば、その商品をタイに送ってくれるんだと思われます。海外在住者にとっては、せっかくほしいものがあっても、日本国内にしか発送してくれないんじゃ、無意味です。国内のお客さんだけを相手に商売をする?チッチッチ。そんなでは今の時代ダメだと思います。理由は、国内市場はシュリンク(縮小という意味です念のため)していること、若年層を中心に日本人の貧困化が始まっていることが主な理由ですが、長くなるのでやめておきます。

ほしいものリストの作り方

基本的には、

  1. ほしいものリストを作成する。
  2. 公開設定にする。

これだけみたいです。

下にわたしの作った「買ってほしいものリスト」を公開させていただきます。

http://amzn.asia/1PwJS1R

クリックすると、わたしの作成した「買ってほしいものリスト」が出てきます。実はものすごくほしいものがあるわけではないので、ペヤング、ギターのマルチエフェクター、タイの高僧、ブッタタート比丘がお書きになった著作、をデフォルトで入れときました。検証のためにも、プレゼントしていただける方がいらっしゃったらぜひお願いします。その際は、指し障りなければTwitterの@takuyasan_bkk にDMで「買ってあげましたよ」というメッセージいただけると感謝倍増します。

コツらしきこととしては

奢ってほしい理由を書くとかってもらえる確率がUPするかもしれない。

まだ何一つ恵んでいただいた経験もないのにコツ(笑)を書くなどとは、非モテ童貞によるモテるノウハウ講座並みに笑止千万なのですが。しかし、わたしはこのリストの「コメント」を編集する、という機能は使うべきだと思いました。ここに「なぜその商品を買ってほしいのか」その理由をつらつらと書きます。読み手にシンパシーが伝われば、買ってくれる確率がUPすると思います。そう、人間は感情の動物なのです!

というわけで、今回は、「Amazonほしいものリスト」の公開機能を、タイ在住外こもり状態で使ってみる方法を書きました。待ってるよ。買ってね(笑)

リストは随時更新していくので、たまに見に来てださい。では、お読みいただきましてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です