ヴィパッサナー瞑想コース参加後、6か月たっての現状。

今年2018年も残すところあと2ヶ月になってしまいましたが、

みなさん、いかがお過ごしでしょう?

11月、12月にもっと印象的なことが起こらないとは限らないけど、おそらく今年いちばんインパクトフルだった体験は、4月に千葉県のダンマーディッチャさんで参加した「ヴィパッサナー瞑10日想間コース」になりそうです。

おっさんになると、行動力がなくなるので、このコースに参加したことも、けっこう重い腰をあげてがんばった感じではあったのです。

10日間、誰とも話さず、菜食し、瞑想三昧…

そんなことをしたことは生まれて初めてだったのですが、たしかに深い学びがありました…

このブログの過去記事(カテゴリー:ウィパッサナー瞑想)にもなってますね。

よかったら読んでくださいね。

ホントだったら朝1時間、夜1時間の瞑想!

実は、コースが終わる時、

「家でも朝1時間、夜1時間座るよーに」

と言われていました。

でも、さすがにそれは時間的に無理で、30分から1時間しか座れてません。

続いてるだけえらいものだ、と自分を誉めてあげたいくらいですが。。。

瞑想に限ったことではないですが、何かをするとき「ハードルを下げる」といいですよ!

「朝晩1時間ずつ座る」を「1日30分から1時間座る」に変えたから達成できてるわけですね…

「ピアノの練習」だったら、

「とりあえずピアノの前に座ったら30点」

「ドレミファソラシドを弾いたら20点」

「曲を4小節分練習したら20点」

ね?もう70点じゃないですか!うわー、オレってスゲー!!(笑)

もし、これを読んでいるコース参加者で、瞑想サボってる方がいらっしゃったら、

(うわ。こんないいかげんな人もいるんだ…。よし、わたしもちょっとだけ、また座ってみよう)

そう思ってくださると、嬉しいです。

でも、30分瞑想だと、

アーナパーナ瞑想というサマーディ(精神集中)を養う瞑想を15分くらいやってから、ヴィパッサナー瞑想を15分くらい、というのが最近のメニューです。

15分で全身の観察をするは、時間短すぎかな…。どうなんだろ?

コース参加者の方、どのくらいの時間で全身を観察してます?(とコメントせよと煽ってみる)

それと、コースを受講した人向けに提供されている、講話のmp3があるんだけど、これが面白くて、ですね。

ネットから入手出来るようになってるんですが、それをよく聴いてます。

なんか怪しいんだけど、瞑想の効果ってあるの?

ぶっちゃけ、ヴィパッサナー瞑想の目的って、苦悩からの解放、なのですが、世間では、

頭がスッキリする、とか。

生産性が上がる、とか。

オカルト系にハマってる人だと、

不思議な光を見た、とか、

クンダリーニが上昇した、みたいな。

「瞑想」に対してそういうのを期待している人が多いと思います。

わたしもそうだったので…笑。

実際、瞑想するとどうなるのか?

まだまだ初心者なわたしですが、いくつか瞑想効果?なのかな、ということを書きましょう。

瞑想した後は、家族の精神状態がよくなることが多い。

わたしの配偶者が瞑想して、それで精神状態がよくなるなら、そういうものか、と思うけど。

不思議と言えば不思議です。

でも、配偶者の機嫌が悪くなってから瞑想してもダメみたい。順番が大切。

夜中にトイレに起きる回数が減った!

頻尿は歳のせい?笑 夜中の2時に決まってトイレに起きていたのですけど。

でも、朝までトイレに行かなくて済むことも増えました。

眠りが深くなったのかな?いや、でも寝つきは逆に悪くなりました。

やたら夢を見ていることが増えたような感じがあるんですよね。(覚えてないけど)

まさか潜在意識にアクセスしてるのかな!?

身体や心を以前よりいたわるようになった

瞑想で、身体の感覚を観察するためか、今まで意識がいってなかったところに意識が届くようになったせいかな?

お酒はやめたし、野菜や果物を食べるようになったし、運動もしてるし。

少しヘルシーになった気がします。

それと、心は落ち着いて、冷静になったかな。

あまり、目先のことに一喜一憂しなくなりました。

以上‼️

何だ、それだけ…。

と思われたと思いますが、すみません。そんなものです。

今後のウィパッサナー瞑想への取り組みについて

タイでのコース参加を検討します

1年に一度はコースを取りましょう、という話になってましたので、今度はタイで10日間コースを受けようか、と思ってまして(世界中で受けられますね)、いろいろ調べています。

https://www.dhamma.org/ja/locations/directory#TH

このように、9か所の瞑想センターがございます。

タイに来てウィパッサナー瞑想に参加する、、、

そういうスピリチュアル風の旅行もいいかもしれないね。

もしわたしが若者だったら、どうせ就職もせずに世界中フラフラしてると思うので、

まじめに検討しちゃうよね。

それにですね!

やはり、たまにガッツリ座らないと修行が進まないのかも、と思うことも多いです。

1日30分で「修業ですっ」てちょっとインスタントすぎない?みたいな。

ヴィパッサナー瞑想の本があります。

わたしの受講したコースの教祖?と言いますか、指導者のゴエンカ氏の教えをまとめた本を読みました。

そう、あの講話の時間の音源でおなじみの、ゴエンカ先生です。

講話の時間の最後に、テイクレスト、、、テイクレスト、、、。

そう言われて、(ああ、今日も終わった~。寝るか、、、)と思いましたよね。

Amazonと楽天のリンクになってます↓

これ、ダンマーディッチャさんでも売ってたのかも、なのですが、

その時はお腹いっぱいで読む気がせず、今になってAmazonで買いましたね。

コース受講者にとっては、いい復習になる内容でした。

著者のウィリアムさんは、指導者に任命されている方ですので、

もう、、、何というか完全にインサイダーの視点で書いてますからね!

10日間コースの講話に出て来たエピソード、なんかも書いてあります。

(あ、これ聞いたことあるやつだ)

みたいな感じです。

西洋人が書いただけに、ロジカルな感じです。

それに、ウィリアムさんがただかしこまって先生のお話を聞いている、という感じではなく、

Q&Aの形になっているのですが、

(これ、どうなの?)という率直な疑問をゴエンカ先生にぶつけている。

それに先生が(ほー、なるほどね)という回答をしている、というところが勉強になりました。

カラーパ、とか、心の四つのプロセス、とか、

コース中の講話で「?」だったことの説明もあって、理解が深まったかな?

いわゆる、スタマヤーパンニャー(借りものの知恵)なわけですが。

(って、わたしもけっこうヴィパッサナー瞑想の哲学的内容にハマってるのかも知れませんね。)

ただ、具体的な行法については、あまり詳しく書いてないです。

だから、まったくな初心者がこの本だけを頼りにヴィパッサナー瞑想を始める、という本ではありません。

どんなものか、概要を知って、自分に合いそうだな、と心に響くものがあったら、思い切って門を叩いてみるのがよいのではないでしょうか。

10日間コース(たしか時間のない人用の3日間コースもあったはず)って長いんですけどね。

ブラック企業で働いている人とか、絶対参加不可能ですよね。

下にリンクを貼っておきますね。

https://www.jp.dhamma.org/ja/

日本国内ですと「京都ダンマバーヌ」と「千葉ダンマーディッチャ」という2か所あります。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です