ノンタブリーでノマド(笑)するならMoon Coffeeで決まり。

こんにちは。外こもり系ブロガー・拓也さんです☆ミ

しばらく前に、「海外ノマド」という、

何ていうのかな?

キラキラした生きざまが取りざたされていたように感じます。

あれを疑似体験しようと思いました。

ぶっちゃけ、ブログのネタです。

ノマドに必要と思われるカフェの条件

海外ノマドに向いているカフェは、おそらくはこんなところではないでしょうか?

  • 無料WiFiが使える。
  • お客さんが勉強したりPCで仕事してる人が多い。
  • パソコンの電源供給が可能。
  • MRT(電車)の駅から近い。

ノンタブリー(とは言え、チャオプラヤ川を渡る手前だよ)で、

この条件に比較的マッチするカフェを知っています。

Moon Coffee & Roti というお店。

ここは、24時間営業!(すごくない?)で

コーヒーが35バーツからと安い!

  • WiFiは3時間無料。回線はけっこう高品質。
  • 若者の自習室みたいな状況。
  • 電源はいくつかある。(すべての席にはない)
  • MRT Yeak Tiwanon駅から徒歩10分(ちょっと遠い。バスだと駅から18番、30番)

という、最高にゴキゲンなカフェです。

わたしの生活圏から近いので、週に2回はここに来て、

ブログやったり株のトレードしたりネット将棋したり、してますわ。

GoogleMapの地図を貼っておきます。

海外ノマドに憧れて…

まあ、まずは写真を見てくだされ。

三日月にフクロウのロゴが可愛い。

アイスアメリカーノ55バーツ。HamとTobikoのローティー85バーツ。

ローティーっていうお菓子のアレンジだよね。ピザトーストみたいに見える。

胡椒とかケチャップとかかけると美味しそうでしょ。

 

という感じで、今回のブログはMoon Coffeeで書いて、アップロードまで完了したわけですけど、

全然普通に使えますね。

学生のころからそうだったなあ。

自分の部屋にいると、集中できなかった。

気づくとベッドで寝ている、みたいな(笑)

 

で、今は雇われで講師業やってるわけですけど、

よく思う。

ノマド的な生活はどうなんだろうなあ?と。

スタバでMacBook Airで仕事してる、頭よさそうな人。

たしかに憧れるが…。

 

先週、IT業界への転職を考えてる、的な記事書いたけど、

ITスキルを身につけると、ノマドしやすいよね?ってのはもちろんありますね。

 

某クラウドソーシングサイトなんて、案件が安くて大変らしいですね。

やっぱ、ちゃんとしたスキルがあってこそのノマドだと思うわ。

こうしてブログ書くのは好きなので、ライターもやってみたい気はしますが。

実際、タイで海外ノマドやってる人ってどのくらいいて、何やってるんでしょうね?

 

ノマド出来る人って、スキルももちろん大事だけど、性格もありますかな。

こうやってブログをひたすら書いてると、孤独感がひとしおなんですよね!

孤独にコツコツ作業するのが好きだ、という人に向いてるんじゃないだろうか?

自分はわりと対人的な仕事が好きだから、そういう意味では向いてないと思うわ。

 

そんなことを思いつつ。

ノンタブリーはいいぞ~(笑)

またブログ記事にしますけどね。

いわゆる下町っていうのかな。

昔のバンコクが残ってるところって、チャオプラヤ川沿いが多いんですよね!

このMoon Coffeeからちょっと西に行くと

「ターナムノンタブリー」(ノンタブリー船着き場)。

人が多いんだけど、時間がゆっくり流れている場所。

船着き場からチャオプラヤーエキスプレスというボートに乗って、

王宮とかヤワラート(中華街)行けちゃうんだよね!

 

また記事書きます。

 

最後までお読みいただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です