成田空港からエアアジアXでバンコクへ。コレだけは気をつけて。

こんにちは。拓也さんです。

今日は、エアアジアX 東京(成田)ーバンコク(ドンムアン)線を利用する際のコツのような記事を書きます。

わたくしの日本の住所は外房。

つまり成田空港と同じ「千葉県」なのですが、それにしたって一度「千葉駅」に出る必要がありまして、なかなか遠くて交通の便が悪いです。ちょっと何とかしてほしいよね、成田空港。

成田空港に着くまで

当日、都内から空港に向かって間に合うケース

今回のフライトでも、午前便のエアアジアXでタイに向かおうとして乗り遅れた、西洋人カップルを見かけました。いわゆるキャンセル待ちですね。

私が乗ったのは午後便です。

「ラストナイト、ホエアディジューステイ?」

「ヨコハマ!」

(オーマイガー!そりゃ遅れるわな)と思いましたよ。

都内から成田空港に向かう場合、午後便以降のケースだけ当日移動可能だと思います。

JR千葉駅から成田線で「空港第2ビル」下車です

成田線で「千葉」から「成田空港」までは約35分ですので、そんなに遠くないです。

しかし、実はここにちょっとしたトラップがありまして、、、

成田線は「成田行き」というのと「成田空港行き」がございます。

「成田行き」に乗ってしまうと、駅の構内に何もない成田駅で、ボケーっとトラベルケースを抱えて待つことになってしまいます。

千葉駅で不幸にも「成田行き」が先に来てしまった時の対処ですが、千葉駅の方が駅ナカにお店があったりするので、千葉駅で時間をつぶすのが吉です。

それから、べたな注意になりますけど

「エアアジアX」の出発ターミナルはブログ執筆時点(2018年5月)におきまして「第2ターミナル」ですので、最寄り駅は「空港第2ビル」になります。最後の「成田空港」まで行ってしまうと戻るのが大変です。(ターミナル連絡バス、というのがあるそうですので、万一間違えたときはググってください)

成田空港についてから

「空港第2ビル」から「空港」まで

「空港第2ビル」を出たら、案内にしたがって歩くとすぐに出発ゲートです。

一応、目立つところに「第1」「第2」「第3」ターミナルを利用している航空会社の情報が出てますので、心配な方、ここでチェックできます。

空港での時間のつぶし方

エアアジアXは、ドンムアン空港と同様、フライト時刻の3時間前から受け付け開始です。

事前にWEBチェックインを済ませておけば、余裕で突破できます。

不思議なのは、エアアジアはなぜかカウンターがちょっと変な場所にあるんですよね。

ずいぶん前からこの「N」カウンターです。

わたくしは早めに空港に着くように移動するので、ネットをやったり、何か食べたりして過ごしてますね。エアアジアでなるべく機内食を食べたくない人は、食いだめしておくのもありです。6時間以上飛行機に乗ってるとお腹すくんですよね。

2階のデッキ近くにある La Toqueというカレー屋さんがわたくしのおススメです。

ここのふわふわ卵カレー的なのをいつも出国前に食べています。

ネットはフリーWifiがありますので、日本の携帯を持たないわたくしにとっては非常にありがたいです。

搭乗ゲートを目指しましょう

ここからは航空券とパスポートを持っていないと入れないエリアです。

 

けっこう歩きます。だから、なるべくなら早めに

保安検査(Security)、出国審査(Immigration)と進みましょう。

搭乗ゲート(Boarding)へは指定時刻のの30分前には着くように!

保安検査は、動画配信用のミキサーやマイクを持っていたので、メチャクチャにチェックされました。

ドンムアン空港に着いてから

激込みの入国手続き

着いてしまえばガラーンとした印象のドンムアン空港。

しかし、飛行機が地面に着いてからここに出るまでは1時間くらいかかることが多いです。

タイ人だと列が短くてサクサク突破できるのですが、、、

なお、出入国カード(TM6)のデザインが今回から変わっていました。

カードの書き方が下に書いてありますので、見ておきましょう。

【出入国カード】新フォームについてのお知らせ

 

旅行者用のSIMカードを入手

TRUE、AIS、DTACがタイの通信キャリア3大手ですが、こんな感じで旅行者用のSIM売っています。ここでサクッとネット環境を手に入れるのが賢明と思われます。

たぶん、どの店を選んでも大差ないです。

タクシーでバンコク中心部に行くときの小技

空港には当然タクシー乗り場があるのですが、実は現地に住んでいる人が使っている小技があります。

それは、空港の前の大きい通りを反対にわたったところに「Amari Hotel」というホテルがあるのですが、そこまで歩いて行って、ホテルの前でタクシーをゲットするのです。

こうすれば、タクシー乗り場が混雑しているときでもサクッとタクシーを捕まえられます。

しかし、ある程度のタイ語力があった方がいい、上級者用の技かもしれません。

写真ぼけちゃってますが、ドンムアン空港の建物からAmari Hotelにつながっている歩道橋です。

「え?こんなところを渡るんですか?」的な怪しさがありますね。

なお、この歩道橋以外では反対側に渡れないので注意しましょう!

流しのタクシーがこんな感じでやって来ます。どこに行くか宿泊先だけスマホか何かで示せばOKだとは思いますが、タイ語でチョロッと会話できると何かとスムーズでしょうね。

お読みいただきまして、ありがとうございました。

楽しいタイ旅行をなさってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です