ドンムアン空港からエアアジアXで帰国。コレだけは気をつけて!

近年、拓也さんは一時帰国するのに、LCCの「エアアジアX」を使っています。

今回(2018年4月)の一時帰国の際も、「エアアジアX」を使いました。(バンコクー成田)

旅行などでタイに来た「タイビギナー」の方向けに、いくつか注意事項を書くので、

参考になさってください。

ドンムアン空港の超基本

バンコクには国際空港は2つある。

バンコクには

「スワナプーム空港(Suvarnabhumi Airport)」と

「ドンムアン空港(Don Mueang International Airport)」の2つがあります!

これが超キホン!最重要項目です!!

タクシーに「空港まで」と言ったら、高確率で「スワナプーム空港」に連れて行かれちゃうから超要注意!

「エアアジアX」は「ドンムアン空港!」これだけは忘れないで。

ドンムアン空港への移動はタクシーがベスト。

バスとかでも行けますよ、たしかに。

でも、20キロくらいの大荷物を持って移動することを考えると、素直にタクシーを使いましょう。

バンコク市内は、タクシーが大量に走っていますので、かんたんに捕まえることができます。

空港チェックイン

空港に着くべき時間は?

チェックインカウンターが開くのは、フライトの3時間まえです。

3時間まえに着くように移動しましょう。

ヤバいのは豪雨が降った時で、道路が冠水して大渋滞になります。

Googleマップで見ると道路は渋滞で真っ赤!

必ず時間は余裕を見て移動してくださいね。

エアアジアXのWEBチェックイン、使いましょう。

エアアジアXは、フライトの2週間くらい前からWEBチェックインというのが出来ます。

これで、発券作業が省略されますので、チェックインカウンターはあっさり突破できます。

WEBチェックインの際は、紙を印刷するようになってます。

旅行者だとプリンターを探すのが大変かもしれませんね。

USBメモリにPDF形式で書類を保存して、街中のプリンターがあるお店で印刷すればいいと思います。

機内持ち込み手荷物について。

詳しくはエアアジアXのWEBサイトで見てほしいですが、

機内持ち込み手荷物は2点まで、合計7キロまで

となっています。

しかし、わたくしがドンムアン空港を利用した際は、

機内持ち込み手荷物の重さをチェックされたことはありません。

責任は持てませんが、一応、事実として書いておきます。

出国までの流れ

ざっくりとタイ出国までの流れ。

  • チェックインカウンターで機内預けの荷物を預ける。
  • 入国審査。
  • 手荷物審査。
  • 出発ゲートで飛行機を待つ。

こんな感じです。

チェックインカウンターはこんな混雑。WEBチェックインすると早く抜けられる!

出発ゲート。ここにたどり着ければゴールです。

注意事項:

パソコン、タブレット、モバイル充電器、は機内預けの荷物には入れられません。

出国までにする暇つぶし。

チェックインカウンターでチェックインをすませると、ひと安心です。

ターミナル1とターミナル2の間に、カードで精算する形式のカフェテリアのようなものがあります。

ここでコーヒーでも飲んでいるのがいいでしょう。

マクドナルドもありますよ。

コーヒーでも飲みつつ、リラックスしましょう。

※ 話が前後してしまいますが、ターミナル2が国際線です。

でも、余裕で歩いて移動できるので、気にすることはありませんよ。

早朝5:05発のXJ602便に乗るために、深夜に行ったのですが、お店開いてました。

しかも__

出国審査を通ってしまいますと、食べ物、飲み物の入手は、極端に困難になります。

しかし、出発ゲートにたどり着くまで何かトラブルがないとは限りません。

早めに飲食は切りあげて、出国審査に向かうのが無難とは言えます。

気をつけて日本へお帰りください。

つらつらと、エアアジアXで、ドンムアン空港(タイ・バンコク)から日本(東京・成田)に帰るときに気がついたことを書いてみました。

お役に立てましたら幸いです。

楽しい思い出をもって日本に気をつけてお帰りくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です